お洒落なビル

新築と中古の選択

マンション

一戸建てを購入しようと考えている方は新築を建てるのか、中古物件を購入するのかをまず考える必要があります。新築はそれなりの価格になり、中古物件をリフォームした価格と照らし合わせる事でかかる費用に大きく差がでます。

不動産の投資先の選択

高級マンション

賃貸マンションで不動産投資を行なうと考えている方は、区分所有物件を保有するよりも好きな様に運用することが可能な賃貸マンションを購入するほうがいいでしょう。活用次第では大きな利益を得ることが可能です。

仲介なしがトレンド

マンションと木

不動産売却方法は様々あり、最近では仲介なしで売却する方法がトレンドになってきています。仲介業者が介入しないためそれなりのリスクが存在し、あくまで個人売買になるので売り手が様々なリスクを背負う必要があります。

不動産鑑定士取得とは

窓の広いリビング

不動産鑑定士は不動産系資格の中で最も難易度が高い資格です。不動産鑑定士試験は1次試験と2次試験からなり、1次試験に合格しないと2次試験は受けることができないため1次試験は重要です。1次試験の試験科目は行政法規と鑑定理論からなり鑑定理論は2次試験科目でもあり実務でも最も利用する知識のため1次試験からしっかり勉強していくことをお勧めします。2次試験は試験科目が多いため1次試験のうちに鑑定理論をマスターしておくと他の科目へ勉強時間を割くことができます。1次試験のためにはテキストをよく読んで過去問を解くことを繰り返します。特に過去問を解いた時に正解を暗記するのではなく解説に書かれていることを理解するよう努めます。

無事1次試験に合格出来たら次は2次試験対策対策となります。不動産鑑定士2次試験は経済学・会計学・民法と一般教養科目試験があります。全くこれらの知識がない方は理解することに時間がかかることとなります。なので多くの人が資格予備校を利用して勉強し、合格を目指すことになります。実際合格者のほとんどが資格予備校利用者となっています。鑑定理論はほぼどの人も得意科目としてきているため点差があまりつかないので、一般教養科目で点差がつくこととなります。どの科目も苦手科目とせずに基本的なところは解答できる力をつけ、1つでも得意科目をつくることが不動産鑑定士合格への道となります。経済学であれば計算問題を数多くこなしていくことが必要です。