不動産の投資先の選択

高級マンション

賃貸マンションで不動産投資をしようと考えているのであれば、ワンルームマンションのような区分所有物件をいくつも保有するよりも、1棟ごと賃貸マンションを購入してしまった方が良いです。なぜならば、1棟ごと賃貸マンションを保有すれば、その物件を自分の好きなように運用することができるからです。ワンルームマンションでもファミリータイプマンションでも区分所有であると、いろいろな制約があります。管理組合が設けられ、その管理組合の承認がなければ、簡易な修繕をすることもできませんし、大規模修繕の時期を決めることもできません。結果的にズルズルと後回しにされ、物件そのものが劣化していってしまうのです。これは大きなリスクと言えます。

とはいえ、賃貸マンションを1棟まるまる購入するのには多額の資金が必要となります。この多額の資金を用意しなければならないために、中古ワンルームマンション等の投資をしやすい物件に手を出す人も多いです。しかし、十分に担保価値の付く物件であれば、頭金をたくさん用意する必要はないのです。銀行などの金融機関は担保価値を重視します。これは裏を返せば、担保が十分であればお金を貸してくれるということです。このことを利用するのです。そして、不動産市場には収益性の割には安く売られている賃貸マンションも探せばしばしば出てきます。このような情報をしっかりとキャッチしましょう。多少の努力をすれば賃貸マンションを1棟ごと購入するのも夢ではありません。